So-net無料ブログ作成
検索選択

23. バックル・イート・ゲストハウス [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
ボウネス・ピアから船とミニバスを乗り継いでヒル・トップに到着。
この日は、ヒル・トップのすぐ近くにあるゲストハウスに泊まりました。

P1060473-5.jpg
バックル・イート・ゲストハウス(Buckle Yeat Guest House)。
ビアトリクス・ポターの絵本の挿絵に登場する建物です^^

P1060453-5.jpg
シングル 朝食付き Private facilities
1泊 40ポンド(=6,251円)
インターネットで予約した際に、クレジットカード払い。

P1060465-5.jpg
Private facilities = お部屋の外に専用のバスルームがある。
で、そのバスルーム。 なぜか、じゅうたん敷き・・・(^^;

P1060454-5.jpg
バスルームはお部屋の外ですが、洗面台はお部屋の中にありました。

P1060457-5.jpg
ベッド脇に置いてあるティッシュは、もちろんピーターラビット^^

P1060467-5.jpg
ドアを入ってすぐのところにある共有スペース。

P1060470-5.jpg
英国らしい可愛らしいものがいっぱい^^

P1060485-5.jpg
バックル・イート・ゲストハウスのお庭。

P1060488-5.jpg
この入り口の門も、ビアトリクス・ポターの絵本に登場します^^

P1060489-5.jpg
ビアトリクス・ポターの絵本「こねこのトムのおはなし」、
「パイがふたつあったおはなし」、「こぶたのピグリン・ブランドの
おはなし」に登場していることが掲示されています。

P1060491-5.jpg
私が泊まったお部屋は、この2階の窓のところ~♪

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

22. ニアソーリー村へ [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
ウィンダミア駅前のスーパーBOOTHSでお買物をし、
ホテルに預けていた荷物を受け取って、船着場「ボウネス・ピア」へ。
路線バスを利用するつもりで予め時間を調べていたのに、9月から
変更になったとかで、私が乗る予定だったバスはなくなってた・・・。
その次のバスまで待つと、最終の船に間に合わない可能性が高いので、
結局、タクシーに乗っちゃいました。
ウィンダミア駅からボウネス・ピアまで 5.6ポンド(≒863円)

P1060443-5.jpg
ボウネス・ピアの2番の売り場でチケットを購入。
私が乗りたかったのは、対岸に渡る船の16:40発の最終便。
で、チケット売り場のおじさん、
「これからヒル・トップに行っても開いてないよ。」とか「最終便だから
戻って来れなくなるよ。」とか「何しに行くんだ?」とか言ってきて、
なかなかチケットを売ってくれない・・・。
まぁ、親切で言ってくれてるのだろうけど、ロクに英語すら話せない私、
言われている内容を把握し、それに答えるだけで重労働なのよ~。
何とか、今夜はヒル・トップの近くにあるバックル・イートに泊まる旨を
分かってもらえて、船のチケットを売ってくれた・・・(^^;

P1060441-5.jpg
ボウネス・ピアから対岸のフェリーハウスまでの船
+ヒル・トップまでのミニバス で、片道5ポンド(≒771円)

P1060444-5.jpg
これが対岸のフェリーハウスに渡る船~♪
最終便だからか、乗客は私ともうひとりの2人だけ・・・(^^;

P1060445-5.jpg
ボウネス・ピア16:40発→フェリーハウス16:55着
出航です^^

P1060446-5.jpg
湖水地方に来るのは4回目だけど、観光用のこんなのあるの知らなかった~。

P1060447-5.jpg
ボウネスの町が遠ざかって行きます。

P1060450-5.jpg
ウィンダミア湖の景色を楽しみながら船に乗ること約10分、
対岸のフェリーハウスが見えてきました^^
船は定刻より少し早く対岸のフェリーハウスに到着。

P1060452-5.jpg
ボウネスから対岸に渡るには、こんなカーフェリーもあります。
人間だけでも乗ることが出来て、お値段も船よりだいぶ安いのだけど、
乗り場がボウネス・ピアからけっこう歩くんですよね~。
一度利用してみたいと思ってはいるのだけど、未だ叶わず・・・。

船を降りた場所に停まっていたミニバスに乗り換え。
フェリーハウス17:00発→ヒル・トップ17:07着

ロクに英語すら話せない私なのに、ミニバスの運転手さんにも話し掛けられ、
たった7分の乗車時間だけど、なかなか疲れた・・・(^^;
「うちの会社にも日本人がいるよ。」なんて、親しみを持ってくれるのは
うれしいけれど、あらかじめ用意していない会話は出来ないのよ~。
ミニバスを降りるとき、運転手のおじさん、戻るときのバス停の位置を
身振り手振りで、とっても丁寧に教えてくれて、とにかく親切^^
ヒル・トップに来るのも4回目の私、さすがに「知ってる。」とは言えず、
説明を全部聞き、満面の笑顔で「サンキュ~♪」とお礼を言いました(笑)

P1060472-5.jpg
この日の宿は「バックル・イート・ゲストハウス」。
予約するときに、16:30~17:30到着予定と知らせていたからか、
ミニバスがバス停に着いたと同時に、オーナーさんが外に出て来て、
私を迎えてくれました^^

つづく

コメント(1) 
共通テーマ:旅行

21. スケルウィズ~ウィンダミア [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
Skelwithに到着したのは14時過ぎ。
本当は、ラフリグ・ターン(Loughrigg Tarn)まで行きたかったけれど
時間的に苦しいので、今回の旅では諦めることにしました・・・。

P1060426-5.jpg
スケルウィズ・ブリッジ(Skelwith Bridge)。

P1060427-5.jpg
湖水地方らしい橋です^^

P1060429-5.jpg
アンブルサイド行きのバス乗り場は、このホテルの近く。
可愛らしい外観の「スケルウィズ・ブリッジ・ホテル」。

P1060430-5.jpg
バスの時間まで30分ほどあったので、こちらでしばし休憩。

P1060431-5.jpg
トリオ・アイスクリーム 3.5ポンド(≒539円)。

516のバス
Skelwith Bridge Hotel 14:44発→Ambleside14:54着
が、全体的に10分ずつ遅れ、
実際にアンブルサイドに到着したのは15:05でした。

P1060436-5.jpg
アンブルサイドで599のバスに乗り換えて、ウィンダミアへ。
アンブルサイド15:10発→ウィンダミア駅前15:26着。

P1060437-5.jpg
バスの車窓から、ウィンダミア湖~♪

P1060438-5.jpg
ウィンダミア湖は、ナショナル・トラスト管理の湖ではないので、
動力船を浮かべても良いんでしたよね・・・。

P1060439-5.jpg
ウィンダミア駅に到着後は、駅前のスーパーBOOTHSでお買物。
ピーターラビットのキッチンタオル。
1.59ポンド(≒245円)

P1060440-5.jpg
ピーターラビットのティッシュボックス。
1.35ポンド(≒208円)
とっても可愛くて、お値段が手ごろで、お土産にピッタリなのだけど、
想像以上に場所を取るんですよね、これら・・・(^^;

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

20. スケルウィズ・フォース [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
リトル・ラングデール(Little Langdale)からコルウィズ(Colwith)を
経由して、スケルウィズ(Skelwith)まで歩きます。

P1060392-5.jpg
こんな道を歩き、

P1060395-5.jpg
これを越えて、

P1060398-5.jpg
まだまだ先は長そう~。

P1060399-5.jpg
こんなクネクネ道の先は、

P1060403-5.jpg
道が2つに分かれているし・・・(^^;
迷ったけれど、いちかばちか左へ行ってみました。

P1060408-5.jpg
不安になりながらも歩き進むと、こんな橋が目の前に~♪

P1060407-5.jpg
ハイカーさんがけっこういて、間違えていなかったと一安心^^

P1060415-5.jpg
目的の「スケルウィズ・フォース(Skelwith Force)」も発見~♪
ColwithからSkelwithまで、歩いて40分くらいでした。

P1060422-5.jpg
川沿いを歩いてたどり着いたのは、スレーター石のショップ。

P1060421-5.jpg
オシャレだけど、湖水地方らしい素朴な感じもあって、ステキです^^

つづく

コメント(1) 
共通テーマ:旅行

19. コルウィズ・フォース [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
リトル・ラングデールを後にし、次に向かうのはコルウィズ。

P1060367-5.jpg
また緑色の景色を眺めながら歩きます。
白い点々は羊さん^^

P1060370-5.jpg
ところどころに農家のおうちがあるけれど、
この辺りの土地も、ポターさんが所有していたのかなぁ~。

P1060375-5.jpg
こんな道を歩き、

P1060377-5.jpg
こんな橋も渡って、歩くこと約1時間。

P1060378-5.jpg
道を間違えていないよね?と、ちょっと不安になり始めたころ、
ありました、コルウィズ・フォースの案内板~♪

P1060381-5.jpg
可愛らしいサイズの「コルウィズの滝(Colwith Force)」。

P1060387-5.jpg
コルウィズの滝を楽しんだ後、6・7分歩くと橋に出ました。
どの角度から見ても木々がジャマなのだけど、これがコルウィズ橋?
ピグリンとピグウィグが目指していた橋ってこれ??

P1060389-5.jpg
橋の上はこんな感じ^^

P1060390-5.jpg
橋を渡って、こんなところを跨いで、さらに歩きます。

P1060391-5.jpg
次に向かうのは「Skelwith」の滝と橋^^

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

18. リトル・ラングデール・ターン [2009 イギリス]

2009年9月12日(土)~9月22日(火) 英国旅行記

※6年前の旅です。

9月14日(月)
スレーター・ブリッジを渡って、その先の丘の上まで登りました。

P1060309-5.jpg
川から続く湖が見えてきました^^

P1060326-5.jpg
見惚れてしまう景色です^^

P1060313-5.jpg
湖面がキラキラ輝く「リトル・ラングデール・ターン」。

P1060327-5.jpg
この景色を眺めながら少し休憩。
朝、ウィンダミア駅前のスーパーで買ったパンでランチにしました。
チーズパン 0.26ポンド(≒40円)・・・(^^;

P1060323-5.jpg
休憩した場所からの景色^^
これは、スレーター・ブリッジがある方向。

P1060312-5.jpg
湖とは反対側。 牛さんが草を食んでいます^^

P1060353-5.jpg
ランチ&休憩の後は、もう一度、スレーター・ブリッジを見て、

P1060352-5.jpg
この景色をしっかり目に焼き付けて、
リトル・ラングデールを後にしました。

P1060365-5.jpg
次に向かうのは「Colwith」。
こうやってあちこちに案内板があるので助かります^^

つづく

コメント(1) 
共通テーマ:旅行

AdMax