So-net無料ブログ作成
2012 タイ・バンコク ブログトップ
前の17件 | -

31. ワット・パトゥムコンカー、帰国 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月16日(月)
「ワット・トライミット」でお参りした後は、
近くにある「ワット・パトゥムコンカー」に行ってみました^^

P1290390-2.jpg
歩いて向かっている途中にあった「牌楼」。
チャイナタウンのシンボルのようです。

P1290395-2.jpg
ワット・パトゥムコンカーに到着^^

P1290391-2.jpg
残念ながら、あちこち工事中でした。

P1290392-2.jpg
で、こんな写真しか撮れず・・・。

P1290397-2.jpg
ファラムポーン駅。

これで、観光はすべて終了~。
サヤーム・パラゴンや伊勢丹で、お土産などのお買物をしてから
ホテルに戻りました。
2連泊以上だとレイトチェックアウト付きだったので、
とっても助かりました^^
シャワーをあびて、荷造りをして、18時ギリギリにチェックアウト。
ゆっくり空港に向かうことが出来ました~♪

P1290400-2.jpg
空港にあったオブジェ。

P1290402-2.jpg
説明書きがあったことは覚えているのだけど、

P1290404-2.jpg
いったい何だったのかは覚えておらず・・・(^^;

P1290408-2.jpg
空港のレストランで夕食~♪
ワンタン海老スープ 250バーツ(≒684円)
マンゴージュース 150バーツ(≒410円)
さすが空港、お値段はお高いけれど、どっちも美味しかった^^

タイ航空642便 バンコク23:50発→成田空港8:10着
搭乗後、最初の機内食はパスして、すぐに爆睡。

P1290410-2.jpg
成田空港に到着直前の機内食~♪
朝食です^^

7月17日(火)
成田空港8:10着の予定が、30分ほど遅れました。
さらに、荷物もなかなか出て来てくれず・・・。
午後から出勤しなければならなかったので、けっこう焦りました。
予定では、10:30頃に家に帰り着いているはずだったのに、
実際に帰り着いたのは、11:15頃。
大急ぎでお風呂に入り、お茶漬けだけを食べて出勤しました。
そして、21時まで残業・・・。
1日が長かった~。

=== タイ・バンコク旅行記 完 ===

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

30. ソンブーン、ワット・トライミット [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月16日(月)
「ワット・ファランポーン」でお参りした後は、ちょっと遅めのランチ~♪
道路を挟んで向かい側、サムヤーン駅直結のチャムチュリ・スクエア内にある
「ソンブーン」へ行きました^^

P1290359-2.jpg
これ、何を頼んだんだっけな~、値段だけしかメモしていない・・・(^^;
レモネードだったかなぁ。 60バーツ(≒164円)

P1290364-2.jpg
プーパッポンカリー 320バーツ(≒876円)
蟹のカレーソース炒め、是非是非食べてみたかったんです^^
メチャクチャ美味しかった~♪
お米のゴハンが美味しくなかったのが、非常に残念でしたが・・・。

P1290365-2.jpg
お腹を満たした後は、20分ほど歩いて「ワット・トライミット」へ。

P1290367-2.jpg
タイ国王ラーマ9世。

P1290372-2.jpg
本堂。

P1290378-2.jpg
中には、キラッキラの仏像がありました。
元々は廃寺の境内にあった仏像で、略奪されないように仏像全体に漆喰が
塗られ、黄金ではないように見せられていたのだそうです。

P1290375-2.jpg
高さ3m、重さ5トン、純度60%の金で出来ているという黄金の仏像、
時価推定100億円以上の価値があるとのこと。
それで、「黄金仏寺院」と言われているのだそうです。

P1290374-2.jpg
鐘も豪華ですね~♪

P1290373-2.jpg
こちらも、キラキラです^^

P1290370-2.jpg
外にも、仏像がたくさん座られていました^^

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

29. ワット・フアランポーン [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月16日(月)
「ターオ・マハー・プラマ(エラワンの祠)」でお参りした後は、地下鉄で移動し、
「ワット・ファランポーン」に行きました^^

P1290326-2.jpg
ワット・ファランポーンに到着~♪

P1290330-2.jpg
主に無縁仏となってしまった故人を供養するためのお寺なので、
通常のタンブン(寄付やお供え)よりも徳を多く積めると言われているのだそう。

P1290332-2.jpg
ゾウさん^^

P1290355-2.jpg
こっちも、ゾウさん^^

P1290339-2.jpg
本堂。

P1290351-2.jpg
本堂の内部、キラキラ&ピカピカ、壁画も豪華です^^

P1290342-2.jpg
回廊には、鐘がいっぱい。

P1290344-2.jpg
所々にある仏像。

P1290341-2.jpg
たくさん金箔が貼られていますね^^

P1290350-2.jpg
右下の白ネコちゃんは、本物です・・・(^^;

P1290345-2.jpg
ネコちゃん、けっこうたくさんウロウロしていました^^

P1290352-2.jpg
彫刻が立派だったので、パチリ~♪

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

28. エラワンの祠 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月16日(月)
とうとう最終日です。
飛行機は23:50発だったので、最終日も1日たっぷり遊べました^^

P1290311-2.jpg
ホテルでの朝食~♪

P1290313-2.jpg
フルーツ、たくさんいただきました^^

P1290308-2.jpg
ホテルのお部屋からの景色。(窓に向かって左側)。

P1290309-2.jpg
ホテルのお部屋からの景色。(窓に向かって右側)。

ホテルは、2連泊以上すると、レイトチェックアウト付き。
18時まで利用可能だったので、部屋に荷物を置いたままお出かけ~♪

P1290322-2.jpg
最初に訪れたのは、ターオ・マハー・プラマ(エラワンの祠)。

P1290321-2.jpg
ヒンドゥー教の三大神のひとつ「ブラフマー神」がお祀りされている祠。
ブラフマーは、東西南北4つのお顔を持つ四面神。

P1290317-2.jpg
また、ヒンドゥーの神様の中で、最も人気がある「創造の神」で、
あらゆる願い事を叶えてくれると評判なのだそう^^

P1290316-2.jpg
お供え物、フルーツが多いですね^^ 

P1290319-2.jpg
熱心にお参りされている方、たくさんいらっしゃいました^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

27. ランチ、マンゴー、夜景 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

タム・クラセー駅で泰緬鉄道の旅を終え、バスで30分くらい移動。

P1290234-2.jpg
こ~んなところで、ブッフェ・ランチをいただきました^^

P1290230-2.jpg
テラス席で、のんびりランチ~♪

P1290232-2.jpg
バナナの天ぷら、美味しかった^^

ランチ後の集合時間は、13:40だったかな。
近くに、お土産品やTシャツ、ストールなどを売っているお店があったので、
ちょっと見てみたけれど、何も買わず・・・(^^;

これで、「カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー」は終了。
バンコク市内に帰り着いたのは、17:30頃でした。
帰りのバスの中では、もちろん爆睡しておりました・・・(^^;

P1290239-2.jpg
ホテルに戻る前に、また、マンゴースイーツのお店「マンゴ・タンゴ」へ。
前日のメチャクチャ美味しかったマンゴーが忘れられず、同じものをオーダー(^^;
マンゴ・タンゴ(マンゴー果肉、アイス、プリン) 120バーツ(≒328円)
マンゴーアロハ(タピオカミルク&マンゴー果肉) 65バーツ(≒178円)

P1290236-2.jpg
とっても気になったタクシーの窓に貼られた禁止事項~。
いちばん右は何だろ・・・?

P1290247-2.jpg
ホテルに戻って、屋上にある回転式展望台へ行ってみました^^
私が宿泊した「バイヨークスカイホテル」は88階建て、高さ309m。
展望台の入場料、宿泊者は無料でした~♪

P1290251-2.jpg
コンパクトデジカメだと、この程度の写真です・・・(^^;

P1290282-2.jpg
回転式展望台は室内ではなく、吹きっさらし状態。
おかげで、写真は撮りやすいけれど、風がなかなか強かった。

P1290293-2.jpg
無料で、これだけの夜景が楽しめれば、充分です^^

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

26. 泰緬鉄道の旅 その2 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

泰緬鉄道の旅、「1時間30分はちょっと長いなぁ・・・」と思っていたのだけど、
ステキな景色を眺めていたら、あっという間でした(^^;

P1290213-2.jpg
川に沿って走ります^^

P1290215-2.jpg
左側は川、右側は崖という場所。

P1290216-2.jpg
線路は、ちょっと頼りない感じ・・・(^^;

P1290217-2.jpg
景色はステキなんですけどね~♪

P1290219-2.jpg
カーブしているところでは、先頭車両まで見ることができます^^

P1290220-2.jpg
こんなところに線路を敷くという行為、とっても大変だったことでしょう。
泰緬鉄道が、「死の鉄道」と言われていたこと、理解できます。

P1290222-2.jpg
皆んな、身を乗り出しすぎ^^

P1290225-2.jpg
川沿い&崖沿いの線路、もうちょっとアップで撮影すれば良かったな~。

P1290226-2.jpg
こんなにキレイでステキな場所なのだけど、鉄道建設に関わって、
この地で亡くなられた方もたくさんいらっしゃるのですよね・・・。

P1290227-2.jpg
タム・クラセー駅に到着。 ここで下車しました。

P1290229-2.jpg
乗って来た列車のお顔^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

25. 泰緬鉄道の旅 その1 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

クウェー川鉄橋で20分のフリータイムの後は、泰緬鉄道に乗りました。
泰緬鉄道は、旧日本軍によってビルマまで建設された鉄道なのだけど、
現在はその一部が残っています。

P1290186-2.jpg
クウェー川鉄橋駅で列車の到着を待ちます^^

P1290181-2.jpg
線路の脇には、食べもの屋さんやお土産屋さんがいっぱい~♪

P1290190-2.jpg
土日は遅れることが多いという鉄道・・・。

P1290193-2.jpg
15分ほど遅れて、線路に入ってきました。

P1290195-2.jpg
早速、乗車~♪
これから、タム・クラセー駅まで、約1時間30分の列車の旅です^^

P1290197-2.jpg
クウェー川鉄橋の上も、もちろん通ります^^

P1290199-2.jpg
目線の高さが少し異なるだけで、線路を歩きながら眺めた景色と
けっこう違って見えますね~♪

P1290205-2.jpg
田園風景^^

P1290206-2.jpg
のんびりの旅、なかなか心地良かったです^^

P1290210-2.jpg
ター・キレン駅に停車。

P1290211-2.jpg
また別の駅に停車。 駅名の看板、なんだか可愛らしいですね~♪

P1290212-2.jpg
ここは何だろ? ツリーハウスが、とっても気になる・・・(^^;

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

24. クウェー川鉄橋 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

このツアーで、私の中ではメインだった「クウェー川鉄橋」に到着。

P1290148-2.jpg
映画「戦場に架ける橋」で有名になった「クウェー川鉄橋」。
まさか、こんなに賑やかな場所にあったとは・・・。
山中の閑散とした場所にあるのかと、勝手に思ってました・・・(^^;
それとも、映画の影響で観光客が増え、賑やかな場所になったのかな?

P1290154-2.jpg
観光客、ビックリするほどたくさんいました^^

P1290156-2.jpg
現在も、実際に列車が走っている線路なのだけど、本数が少ないので、
線路上を歩いたりすることができます。

P1290160-2.jpg
第2次大戦中に爆撃で破壊された部分を、戦後、新たに修復した鉄橋。
丸いカーブのスパンはオリジナル、台形のスパンが修復されたものなのだそう。

P1290178-2.jpg
鉄橋からの景色~♪

P1290177-2.jpg
立派な像がありますね^^

P1290165-2.jpg
こんなキレイな場所が、戦場だったんですよね・・・。

P1290166-2.jpg
鉄橋を渡った先、線路はずっと続いているけれど、ここでUターン。

P1290168-2.jpg
緑がいっぱいで心地良い~♪

P1290169-2.jpg
とてもステキな場所で、線路の上を歩くことも楽しく、この鉄橋の建設に、
たくさんの方の犠牲が伴っていることを忘れてしまいそうになりました。
スミマセン・・・。

P1290179-2.jpg
この青空が曇るようなことは二度と起こりませんように・・・。

P1290175-2.jpg
鉄橋脇にあったプレート。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

23. 慰霊碑と第二次世界大戦博物館 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

JEATH戦争博物館を見学した後は、クウェー川鉄橋へ向かいました。

P1290130-2.jpg
車窓からの景色~♪
クウェー川鉄橋の少し手前で車を降り、お土産街を歩きました。
赤ちゃんトラと一緒に写真を撮れるお店があって、かなり気になったのだけど
そんな時間はいただけず・・・。

P1290136-2.jpg
クウェー川鉄橋の近くにある「日本軍建立の慰霊碑」。

P1290132-2.jpg
第二次大戦中、泰緬鉄道建設に従事し亡くなられた連合国軍並びに関係の
方々の霊を慰めるために、昭和19年2月、当時の日本軍によって建てられたもの。
在タイ日本人有志は、毎年3月、亡くなられた方々の霊を慰めるために
ここに集まり、慰霊祭を行なっているとのこと。

P1290138-2.jpg
お線香を購入し、お参りしました。

P1290135-2.jpg
敷地内には日本らしいものがありました。
お線香の管理や周辺のお掃除などをしてくださっているのは、
タイ人のおかあさんのようでしたが・・・。

P1290142-2.jpg
慰霊碑の隣にある第二次世界大戦博物館。

P1290140-2.jpg
館内を見学できるだけの時間はいただけず、ここを眺めただけ・・・。

P1290143-2.jpg
タイ人のガイドさんが写真を撮ってくれると言うので、乗ってパチリ^^

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

22. JEATH戦争博物館 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。 の続き。

ナコーン・パトムの「プラ・パトム・チェディ」でお参りした後は、カンチャナブリへ。

P1290129-2.jpg
最初に、「JEATH戦争博物館」へ行きました。
この博物館は、第2次世界大戦中の1942年から1943年にかけて日本軍に
よって行なわれた泰緬鉄道建設に関する遺品などが展示・保存されています。

P1290115-2.jpg
「死の鉄道」とも言われている「泰緬鉄道」、博物館の名称に、
「DEATH」を用いるのは、あまりに残酷な印象を与えてしまうからと、
泰緬鉄道敷設の当事国「日本」、建設に携わった捕虜兵の国「イギリス」
「アメリカ」「オーストラリア」「オランダ」、そして建設地「タイ」の頭文字を取って、
「JEATH」という名称にしたのだそうです。

P1290125-2.jpg
館内には、捕虜収容所で使われていた生活用具や連合国軍捕虜の写真、
彼らが描いた記録絵などが並べられていました。

P1290123-2.jpg
博物館の竹造りの建物は、当時の捕虜の住居を忠実に再現したものだとか。

P1290117-2.jpg
見学者は何故か欧米人ばかりで、日本人は私たちだけ。
展示品を見ながら、あまりに酷すぎる内容に、苦しくてたまらなかった。
まわりにいる欧米人たちに、自分が日本人だとバレなきゃいいなと思ってしまい、
さらに罪悪感・・・。
当時の日本人は、どうしてここまで惨いことが出来たのでしょう。
教育(洗脳?)次第で、人間はどうにでもなってしまうのでしょうか。

P1290122-2.jpg
当時、日本陸軍の通訳としてこの地に派遣され、戦後、ジャングルにある
埋葬場所の発掘、カンチャナブリの貧困学生に対する募金活動などを行った
という永瀬隆さんの銅像。

P1290119-2.jpg
博物館の敷地から見ることが出来るメー・クロン川。

P1290121-2.jpg
連合国軍捕虜だけでなく、強制的に労働者とされたアジアの方々のことも、
もっと知られるようにならないといけないですね。
複雑な気持ちを落ち着かせようと、しばらく川を眺めていました。

P1290127-2.jpg
博物館の敷地内を歩き回っていたニワトリさん^^
JEATH戦争博物館での見学時間は、9:45~10:15の30分間でした。

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

21. プラ・パトム・チェディ [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月15日(日)
この日も、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
カンチャナブリ+ナコーンパトム観光ツアー。
昼食付で、2,000バーツ(=5,187円)。

P1290088-2.jpg
ホテルにて朝食^^

P1290090-2.jpg
82階にあるホテル朝食会場からの朝日~♪

朝6:40、ホテル1階のエレベーターホールにてピックアップ。
今日は遅れることなく、お迎えに来ていただけました^^
ツアーの集合場所で車を乗り換えて、出発です。
前日のアユタヤ・ツアーは、かなりの大人数だったけれど、
この日のカンチャナブリ・ツアーの参加者は、男性4人組+私の5人だけ。
ガイドさんも男性で、女は私ひとりだけだったけれど、
皆んな良い方ばかりで、特に困ることは何もありませんでした^^

P1290113-2.jpg
ナコーン・パトムで訪れたのは、「プラ・パトム・チェディ」。
この高さ120.45mの仏塔は、世界で最も高い仏塔なのだとか。

P1290103-2.jpg
仏塔の中にお祀りされている仏像。

P1290101-2.jpg
ナコーン・パトムという町の名前は、「最初の都」という意味。

P1290097-2.jpg
紀元前3世紀に、仏教に帰依したインドのアショーカ王により派遣された
使節が、ここにインドシナ半島で最初の仏塔を建てたのだとか。

P1290106-2.jpg
よって、ここは、仏教国タイの原点とも言える寺院なのだそう。

P1290100-2.jpg
現在見られるのは、1853年にラーマ4世の命令で改修工事が始まり、
ラーマ5世の時代に完成した改築後のもの。

P1290108-2.jpg
あちこちに旗がなびいていて、気分が高揚するような場所でした^^

P1290110-2.jpg
とっても気になるお顔たち~♪
プラ・パトム・チェディでの観光時間は、8:05~8:30の25分間でした。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

20. サイアムニラミット [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
アユタヤからバンコクに戻り、マンゴ・タンゴでマンゴースイーツを
美味しくいただいた後は、ホテルに帰り、少し休憩。
夜は、サイアムニラミット・ショーを観に行きました♪

チケットは、Alan1.netで予約し、バンコクに到着した日に
新東洋旅行社に行き、受け取りました。
ショーが行なわれる会場でチケットを購入すると1,500バーツだけど、
Alan1.netでは、1,000バーツ(=2,580円)でした^^

ショーが行なわれる会場へは、地下鉄「タイランド・カルチャー・センター」駅から
無料のシャトルバスが出ています。
シャトルバスは、18時以降、15分毎に運行されているようです。
1番出口のすぐ目の前に停車していたので、迷うことはありませんでした。

P1290059-2.jpg
サイアムニラミット・ショーの会場に到着~♪

P1290060-2.jpg
少し早めに着いてしまったけど、会場をウロウロしてるだけでも面白い^^

P1290063-2.jpg
中央広場には、ゾウさんの飾り付けがありました^^

P1290062-2.jpg
雨が降っていたけれど、あちこち撮影しちゃいました(^^;

P1290069-2.jpg
ゾウさん、本物もいましたよ~♪

P1290071-2.jpg
広場の奥には、タイの田舎の風景が再現されていました。

P1290073-2.jpg
民族衣装が展示してあったり、

P1290075-2.jpg
農機具が並べてあったりしました。

P1290084-2.jpg
ショー開始の1時間前、19時ころからは、広場で伝統舞踊の披露もありました^^

P1290068-2.jpg
サイアムニラミット・ショーは、20時スタートで、21:30終了。
撮影禁止だったので、写真はありません。

旅行前に、「ド迫力」「豪華絢爛」「美しく幻想的」などというクチコミを見て、
「どんなにすごいショーなんだろう~」と、とっても期待しすぎていたせいか、
思っていたよりも普通な感じのショーに思えました(^^;
途中、観客参加のコーナーがあり、お隣の席にいらした日本人ご夫婦の
旦那様がステージに連れて行かれていました。
通路脇の座席だと、声を掛けられる可能性が高そうな感じでしたよ~♪

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

19. アユタヤから復路はクルーズ [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
この日は、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー。
復路クルーズ、象乗り体験付、昼食付で、1,850バーツ(≒4,798円)。
の続き。

象乗りを終えて、アユタヤでの観光は終了。
バンコクからアユタヤの往路はバスだったけれど、復路はクルーズです。
そして、そのお船のなかで、ランチでした^^

P1290026-2.jpg
インターナショナル・ブッフェ。

クルーズは、けっこうヒマでした(笑)
すでに前日、チャオプラヤー・エクスプレス・ボートに乗ったりしていたので、
なんだかワクワク感が全くなくて・・・。
アユタヤからバンコクまでの約2時間、復路もバスを利用するツアーで
良かったかなぁって、ちょっと後悔でした(^^;
そっちのほうが、お値段も安かったし・・・。
でもまぁ、船に乗ってみたから、バスでも良かったかなって思えたわけで、
最初から復路バスの方にしていたら、実情は分からないわけで、やっぱり
同じように、クルーズの方にしておけば良かったなって思ってたかも・・・。
どっちもどっちですね(笑)

P1290029-2.jpg

P1290030-2.jpg

P1290033-2.jpg

P1290035-2.jpg

P1290040-2.jpg

P1290044-2.jpg

P1290045-2.jpg

P1290050-2.jpg
16:00すぎ、バンコク・リバーシティに到着し、下船。
解散となりました^^

ホテルに戻る前に、食べたいものがあって、BTSでサヤーム駅へ。

P1290054-2.jpg
「マンゴ・タンゴ」というマンゴースイーツのお店^^
お店の名前と同じ「マンゴ・タンゴ」は、120バーツ(≒328円)。
果肉とマンゴーアイスとマンゴープリン、美味しすぎ~♪
「マンゴーアロハ(タピオカミルク&マンゴー)」は、65バーツ(≒178円)。
美味しくて、お値段も安い。 大満足でした^^

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

18. アユタヤで象乗り [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
この日は、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー。
復路クルーズ、象乗り体験付、昼食付で、1,850バーツ(≒4,798円)。
の続き。

「ワット・プラシーサンペット」の次は、「象乗り体験」です^^

P1290013-2.jpg
早速、いました、ゾウさん^^

P1290014-2.jpg
日本語でも書かれている注意事項・・・(^^;

P1290015-2.jpg
ゾウ神様?

P1290017-2.jpg
乗り場は、けっこうな行列でした。 人気あるんですね~♪

P1290016-2.jpg
待っている間に、色々撮影出来て楽しかった^^

P1290018-2.jpg
ゾウさん、大変なお仕事でしょうね、これ・・・(^^;

P1290020-2.jpg
乗りました~♪ 道路の脇を歩いて進みます^^

P1290021-2.jpg
道路の横断もしちゃいますよ~(^^;

P1290022-2.jpg
川辺まで来たら、写真ストップ~♪
ホントは、遺跡が背景になる場所まで行ってくれるはずなのですが、
混雑していたからか、手抜きだったのか・・・。

P1290024-2.jpg
こんな中途半端なところで、撮影となっちゃいました(^^;
「象遣いに撮影を頼まないように。」と書かれてあったけど、
頼んじゃいました・・・(笑)
「象遣いにチップは不要です。」と書かれてあったけど、象遣いではなく、
ゾウさんが鼻を伸ばして、おねだりしてきたので、あげちゃいました(笑)
20バーツ(≒54円)のお札を、伸ばしてきた鼻先に持っていったら、
とっても器用に挟んで持っていっちゃいました。
ゾウさん、スゴイ~♪ ・・・というか、完全に慣れてる(笑)
あ、一緒に乗っているのは、同じツアーに参加していた男性です。
「2人ずつ乗るように。」と言われ、同乗することに・・・。
私は、ひとりで乗ろうと企んでいたのに、声掛けられて失敗でした。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

17. ワット・プラシーサンペット [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
この日は、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー。
復路クルーズ、象乗り体験付、昼食付で、1,850バーツ(≒4,798円)。
の続き。

「ワット・マハタート」の次は、「ワット・プラシーサンペット」に行きました。

P1290009-2.jpg
15世紀に建てられたという3基のセイロン様式チェンディー。
3人の王の遺骨が納められているのだそうです。

P1280986-2.jpg
チェンディーの裏側。

P1280979-2.jpg
ワット・プラシーサンペットの北側には、アユタヤ王宮跡があります。

P1280987-2.jpg
こちらも、1767年のビルマ軍の侵略によって破壊されてしまったとのこと。

P1280992-2.jpg
廃墟が広がっています。

P1290006-2.jpg
ビルマ軍に持っていかれたのか、首から上がない仏像が・・・。

P1280994-2.jpg
修復中なのかな、それとも崩れたレンガを集めているだけ?

P1280996-2.jpg
奥の方に行くと、とても静かで、観光客はあまりいませんでした。

P1290002-2.jpg
きっと、立派な宮殿があったのでしょうね・・・。

P1290005-2.jpg
ワット・プラシーサンペットでの観光時間は、11:25~11:50の25分間でした。

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

16. ワット・マハタート [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
この日は、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー。
復路クルーズ、象乗り体験付、昼食付で、1,850バーツ(≒4,798円)。
の続き。

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」の次は、「ワット・マハタート」に行きました。

P1280931-2.jpg
バスを降りてすぐのところに、「ワット・マハタート」の看板^^

P1280933-2.jpg
注意事項、日本語での記載もありました。
こういうことをする日本人がいたのでしょうね、ちょっと恥ずかしい・・・。

P1280935-2.jpg
ワット・マハタートには、高さ50mの仏塔があったと言われているようだけど、
現在はこのような姿。

P1280936-2.jpg
1767年、ビルマ軍の侵略によって破壊されてしまったとのこと。

P1280938-2.jpg
ここでの見どころは、菩提樹の木の根に取り込まれた石仏の頭部。
ビルマ軍が仏像から切り取り、放置しておいた頭部が、長い年月の間に、
木の根に取り込まれてしまったのだそうです。

P1280945-2.jpg
横から見ると、こんな感じ。
この仏頭、写真を撮るときは、仏頭よりも頭が低くなるような姿勢で
撮影するよう注意書きがありました。

P1280949-2.jpg
一部、このような形で残っているけれど、完全に廃墟という感じ。

P1280952-2.jpg
壮大な建築物がたくさんあったのでしょう。

P1280954-2.jpg
とても広い範囲に、レンガの土台が残っています。

P1280960-2.jpg
首から上がない座仏像がずらっと並んでいます。
当時、仏像の頭部には金箔が貼られていたようで、ビルマ軍が頭部のみを
持ち帰ってしまったのだそう・・・。

P1280964-2.jpg
眺めながら、破壊される前の姿を想像したりしました。

P1280966-2.jpg
出来ることなら、再現した姿を見てみたいです^^

P1280974-2.jpg
ワット・マハタートでの観光時間は、10:50~11:15の25分間でした。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

15. ワット・ヤイ・チャイ・モンコン その2 [2012 タイ・バンコク]

2012年7月13日(金)~7月17日(火) タイ・バンコク旅行記

7月14日(土)
この日は、Alan1.netで予約しておいた1日ツアーに参加しました^^
世界遺産アユタヤ+バンパイン宮殿観光ツアー。
復路クルーズ、象乗り体験付、昼食付で、1,850バーツ(≒4,798円)。
の続き。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン。

P1280903-1.jpg
仏塔から降りてきたら、目の前にキラッキラのこのお方~♪
両脇を護るゾウさんとブタさんがいい感じ^^

P1280902-1.jpg
眺める角度を変えると、また異なった感じに見えます~♪

P1280878-1.jpg
ドラえもんのぬいぐるみがお供えしてあります。
お子さんを供養されているのでしょうか・・・。

P1280911-1.jpg
熱心にお参りされている方が、たくさん^^

P1280912-1.jpg
お供え用のお花かな^^

P1280916-1.jpg
16世紀、19代王の時代に建立されたという「寝仏陀」。

P1280917-1.jpg
ここでも、熱心にお参りされている方がたくさん^^

P1280918-1.jpg
仏陀のお顔。 あちこちに金箔を貼られちゃってます(^^;

P1280920-1.jpg
仏陀の後ろ姿。

P1280921-1.jpg
仏陀の足の裏。

P1280910-1.jpg
寺院の敷地は、緑がいっぱいでした。

P1280913-1.jpg
なんだかリゾート地のようですね^^

P1280925-1.jpg
ワット・ヤイ・チャイ・モンコンでの観光時間は、
10:05~10:35の30分間でした。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の17件 | - 2012 タイ・バンコク ブログトップ

AdMax