So-net無料ブログ作成
検索選択
2011 ルーマニア ブログトップ

12. ブラン城 その1 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月18日(月)
シナイア駅10:32発→ブラショフ駅11:53着
ブラショフでの宿「Casa Samurai」の日本人オーナーSさんが駅まで
迎えに来てくれたおかげで、あっという間にペンションに到着^^
お部屋に荷物を置き、サービスでいただいた茹でとうもろこしとコーヒーで
ちょこっと休憩。
12:30、あらかじめSさんに車での送迎をお願いしておいた「ブラン城」と
「ルシュノフ要塞」への観光に出発~♪
この車での送迎(プライベートツアー)、50ユーロという約束だったのだけど、
駅から御一緒した日本人女性3人組さんも一緒に行ってくださることになり、
私の負担は25ユーロで済みました^^
お誘いしてみて良かった~♪
50ユーロは少し高いなぁと思っていたので、とっても助かりました^^

まずは、ブラン城へ。
ブラン城はブラショフから30Kmくらい離れているので、車で約1時間。
到着したのは、13:30すぎでした。
1時間ちょっとの自由時間をいただいて、さっそくお城の中へ~♪

P1240451-3.jpg
ブラン城は1377年、ドイツ商人がワラキア平原からブラショフに入って来る
オスマン朝軍をいち早く発見するために築いたとされるお城。
14世紀末には、ワラキア公ヴラド1世がここを居城とした。
ヴラド1世は、ドラキュラのモデルとなった「ヴラド・ツェペシュ(串刺し公)」の
祖父にあたるお方。
ブラン城 入場料20レイ(≒570円)

P1240463-3.jpg
右上にお城のてっぺんが少しだけ見えています^^

P1240461-3.jpg
この坂道を上った先がお城への入り口。

P1240300-3.jpg
自然いっぱいの緑も、屋根の苔生した緑も、どっちもキレイ~♪
こんな景色を眺めていると、心洗われますね^^

P1240454-3.jpg
ここから見ると、崖の上に立っているのがはっきり分かります^^

P1240301-3.jpg
この十字の石碑は何を表しているのかなぁ。
とっても歴史がありそうに見えますよね^^
「吸血鬼ドラキュラ」の居城のモデルとなったお城だからではないよね・・・。

P1240452-3.jpg
ここからブラン城の中へ入ります^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

11. Casa Samurai [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月18日(月)
7:30起床、ホテルで朝食をいただいて、9:30チェックアウト。
宿泊していたホテルアンダの斜め向かいにある両替屋さんのレートが
良かったので、再び両替をしてからシナイア駅へ向かいました^^

P1240292-3.jpg
シナイア駅。
始発駅ではないので、少し早めに来たのだけど、
並んでいる人なんて、一人もおらず・・・(^^;

P1240294-3.jpg
おかげで、線路の写真を撮ったりの時間がありました~♪

P1240296-3.jpg
シナイア駅10:32発→ブラショフ駅11:53着
2等 R(Rapid) 21.1レイ(≒601円)
電車はガラガラで、余裕で座ることができました^^

ブラショフでの宿は、日本人男性が経営する「Casa Samurai」。
海外で、日本人が経営する宿に泊まるのは、これが初めてでした。

というのも、ブラショフ郊外で観光したい場所に「ルシュノフ要塞」があって、
公共交通機関で行くのが、けっこう難しい場所だったんです。
そして、路線バスでも行けるのだけど、ちょっと面倒だという「ブラン城」。
この2ヶ所に車で連れて行ってもらいたくて、問い合わせをしたところ
私の希望日にOKとのことだったので、このペンションに泊まることに^^
(観光地へのプライベートツアーのお値段は要相談です。)

ブラショフ駅までの送迎は無料でしてくれます^^
もちろん私もお願いしました。
電車の到着時間を知らせておいたら、駅の中まで迎えに来てくれました。
ブラショフ駅は、ブラショフの街の中心から2Kmくらい離れているので、
車での送迎をしてくれるのは、とっても助かりますね^^

この日、私のほかに日本人女性3人組さんが泊まる予定になっていて、
乗って来た電車も偶然同じだったので、御一緒させていただきました。

P1240704-3.jpg
ブラショフの新市街にある「Casa Samurai」。
右下にちょこっと写っているワンコは、ここで飼われているフジコちゃん^^

P1240299-3.jpg
シングル 朝食付き 1泊 30ユーロ。
ここで2泊しました^^

P1240703-3.jpg
ペンションには、日本のものがいろいろ飾られていました。
外国人さんに喜ばれそうですね~♪

P1240701-3.jpg
翌日いただいた朝食^^

P1240952-3.jpg
翌々日いただいた朝食^^

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

10. ブチェジ山 COTA1400 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日) シナイア
COTA2000では周辺を歩いたりして、30分ほど滞在。
風が強くなかったら、もう少し歩きたかった気もしたけれど・・・(^^;

P1240258-3.jpg
COTA1400まで降りようとロープウェイ乗り場に行ったところ、この張り紙。
やっぱり熊さん、ちょくちょく現れるようですね・・・(^^;

P1240260-3.jpg
COTA1400まで降りて行きます~。

P1240265-3.jpg
この辺りはホントに木がなくて、ゴツゴツしていますね。

P1240271-3.jpg
COTA1400に到着。 こちらは避暑を楽しんでいる方がいっぱい^^

P1240274-3.jpg
そして、野良犬くんたちもウロウロ・・・(^^;

P1240272-3.jpg
緑を楽しみながらノンビリするには、やはりこのくらいの高さのところが
ピッタリなのかもしれないですね^^

P1240276-3.jpg
ホテルには車がたくさん~。 皆さん、ここにお泊りなのかなぁ。

P1240284-3.jpg
COTA1400は10分くらいの滞在で終了。
地上行きのロープウェイに乗りました^^

P1240281-3.jpg
左端に、ペレシュ城が見えます^^

P1240280-3.jpg
ズームで撮影。
ペレシュ城が、ルーマニアで最も壮麗なお城と称えられているのが
ここからでもよく分かります^^

P1240286-3.jpg
地上に降りて、ホテル近くのレストラン「ブチェジ」で夜ごはん。
ルーマニア料理&ピッツェリアというお店だったのだけど、
なんとなくまだ郷土料理をいただく気分ではなくて・・・(^^;
ピザ 16レイ(≒456円)
ストロベリーバナナネクター 6レイ(≒171円)

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

9. ブチェジ山 COTA2000 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日) シナイア
麓のロープウェイ乗場からCOTA1400まで10分くらい、
そしてCOTA1400で乗り換えをして、COTA2000まで10分くらい。

P1240223-3.jpg
まもなくCOTA2000に到着!!というところからの景色。

P1240225-3.jpg
標高2,000m、寒くはなかったけれど、風が強かった~。

P1240227-3.jpg
野生の熊さん、いたりするのかな・・・(^^;

P1240232-3.jpg
スキー場として有名な場所のようですよ^^

P1240245-3.jpg
オレンジ色のは雪上車かな~。

P1240246-3.jpg
COTA2000には、特にこれといって何かがあるわけではないです。
標高2,000mの高地だからかな、荒々しい雰囲気でした。

P1240241-3.jpg
咲いているお花も高山植物?

P1240242-3.jpg
こちらも、標高の高いところで見かけるようなお花ですよね^^

P1240249-3.jpg
トレッキング者への案内かな~。

P1240251-3.jpg
COTA2000では、ほとんど人を見かけず、ここまで来る人って
いないのかなぁと思っていたら、いました!!
ガッツリ歩かれている方のようですけどね・・・(^^;

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

8. ブチェジ山へのロープウェイ [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日)
シナイアの街の中心部に戻り、次はブチェジ山へ行ってみました^^

P1240192-3.jpg
ロープウェイ乗り場は、私が宿泊したホテルアンダの裏側。

P1240193-3.jpg
この絵の中央付近、町から山の上まで黒い線が引かれているところが、
ブチェジ山へのロープウェイ。
山の中腹1,400mまで行くか、山頂2,000mまで行くかを選ぶことが出来ます。

P1240210-3.jpg
せっかくなので、山頂2,000mまで行ってみることにしました。
COTA2000 往復 62レイ(≒1,768円)
なかなかステキなお値段です・・・(^^;

P1240196-3.jpg
ちょっと頼りなさげな感じがするのは気のせいでしょうか・・・(^^;

P1240198-3.jpg
ロープウェイに乗り込み、出発~♪

P1240199-3.jpg
窓が汚れていて、写真が白っぽくなるのが残念・・・。

P1240200-3.jpg
緑がいっぱい^^

P1240205-3.jpg
シナイアは、ルーマニアの避暑地らしいのですが、
確かにそんな感じのする景色です^^

P1240211-3.jpg
山の中腹1,400mのところにあるCOTA1400でロープウェイを乗り換え、
山頂2,000mのCOTA2000を目指します^^

P1240215-3.jpg
上のほうに近づくに従って、木が少なくなっているような・・・。

P1240217-3.jpg
トレッキングルートも整備されているようですね^^

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

7. シナイア僧院 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日)
ペレシュ城とペリショール城を楽しんで、シナイアの街に戻る途中、
シナイア僧院に寄ってみました。

P1240190-3.jpg
17世紀に、ルーマニアの貴族カンタクジノが巡礼の旅でシナイ山へ行き、
帰国後に、この「シナイア僧院」を建てたのだとか。
それが街の名前にもなったのだそう。

P1240161-3.jpg
手前の双頭の鷲は、カンタクジノ家の紋章とのこと。

P1240157-3.jpg
こちらは、ルーマニア最初の皇帝カロル1世が19世紀に建てたもの。
館内には素晴らしいフレスコ画があったのだけど、写真撮影禁止・・・。

P1240158-3.jpg
鐘楼の1階部分は、教会関連のものが販売されていました。
何も買いませんでしたが・・・(笑)

P1240167-3.jpg
あちこちにキレイな画がたくさん^^

P1240173-3.jpg
これは誰のものだったかな・・・。

P1240168-3.jpg
こちらもステキ~♪
シナイア僧院、見どころたくさんでした^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

6. ペリショール城 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日) シナイア
ペレシュ城を楽しんだ後は、同じ敷地内にあるペリショール城へ行きました^^

P1240128-3.jpg
カロル1世の狩猟用のお城。

P1240141-3.jpg
中世ドイツ風、おとぎ話の世界に入り込んだかのような気分になります♪

P1240133-3.jpg
城内の見学は、この中央のドアから入ります。
こちらもツアー形式でした。

P1240138-3.jpg
外観は可愛らしい感じだけど、内部は豪華なシャンデリアがあったりして、
やっぱり「お城」なんだなぁって感じでした(^^;

P1240136-3.jpg
これも可愛らしくて、やっぱりドイツ風ですよね^^

P1240135-3.jpg
「ペレシュ城」は、かなりの数の観光客であふれていたのに、
同じ敷地にある「ペリショール城」は、けっこう閑散としていました(^^;

P1240156-3.jpg
ペリショール城を楽しんだ後は、緑に囲まれたこんな道を歩いて戻り、
シナイア僧院へ向かいました。

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

5. ペレシュ城 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日) シナイア
ホテルに荷物を置いて、まずは「ペレシュ城」へ向かいました。

P1240065-3.jpg
地図上では、シナイアの街の中心からペレシュ城まで、けっこう遠そうに
見えたのだけど、実際は、緑に囲まれた道を歩いて15分くらいでした。

P1240070-3.jpg
川沿いの道には、お土産屋さんなどが並んでいて、ここまで楽しく歩けました^^

P1240073-3.jpg
ここから、ペレシュ城へ入ります。

P1240079-3.jpg
ペレシュ城は、1875年にカロル1世が、ルーマニア王室の夏の離宮として
建てた宮殿とのこと。
城内の見学はできるけれど、ツアー形式のみ。

P1240108-3.jpg
左端の水色の案内のあるところがチケット売り場。
城内のどの部分まで見学するかで、お値段が異なります。
写真撮影とビデオ撮影は別料金(32レイと52レイ)だし、そんなに詳細な
ところまで見なくても良かったので、ペレシュ城(Reception areas)と
お隣のペリショール城のセットチケット30レイ(≒855円)を購入しました。
・・・写真撮影代をケチったので、城内の写真はありません(^^;

P1240098-3.jpg
カロル1世の像。

P1240080-3.jpg
王妃エリザベータの像。

P1240100-3.jpg
ルーマニアで最も壮麗なお城と称えられているというのが分かります^^

P1240118-3.jpg
お庭もキレイで、見どころがいっぱいありました♪

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

4. ホテルアンダ(Hotel Anda) [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日)
ブカレスト北駅8:45発の電車に乗り、10:30にシナイア駅到着。

P1240052-3.jpg
シナイア駅の外観は、こんな感じ^^
街の中心から少し離れた場所にあります。

P1240058-3.jpg
この日の宿は、シナイア駅から徒歩10分ほどのところにある
「ホテルアンダ(Hotel Anda)」。
11時ちょっと前の到着だったけれど、部屋に入れてもらえました♪

P1240053-3.jpg
ダブルルーム 朝食付き 1泊 219.6レイ(=5,896円)
シナイアはルーマニアの避暑地だからか、部屋にクーラーなし。
でも、この日は暑かった・・・。

P1240290-3.jpg
翌朝いただいた朝食は、こんな感じ^^

P1240059-3.jpg
ホテルの部屋に荷物を置いて、さっそく観光へ出発~♪
ペレシュ城へ向かいました^^

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

3. ブカレストからシナイアへ [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

7月17日(日)
宿泊したリンエアポートホテルからアンリ・コアンダ(オトペニ)空港行きの
シャトルバスは、朝4時から毎正時(1時間毎)に運行されていました。
で、朝6時のバスに乗るために、5:50にチェックアウト。
シャトルバスで、空港からホテルまでは3・4分くらいでしたが、
ホテルから空港までは少し回り道をするようで、10分くらいかかりました。

P1240039-3.jpg
空港からブカレスト北駅までの移動は、アンリ・コアンダ・エクスプレスを利用^^
チケットは、到着ロビーにあるルーマニア国鉄(CFR)の窓口で購入できます。
空港からブカレスト北駅まで 6.8レイ(≒193円)

P1240040-3.jpg
チケットを購入し、外にあるこの看板の前で待機。
「アンリ・コアンダ・エクスプレス=鉄道」なのですが、電車は空港までは
乗り入れておらず、専用バンで駅まで送ってくれるのです。

P1240041-3.jpg
これが、駅まで送ってくれるバン。
乗客は私だけかなって、ちょっと不安に思っていたら、チケット売り場の
おばちゃんが勤務終了だったのか、出発間際に乗り込んで来ました。

P1240043-3.jpg
空港から7分ほど走って、駅に到着。
びっくりするほど何にもない場所でバンから降ろされ、少し歩いてホームに
たどりついたのだけど、ここもホントに何もない・・・。
もしも、私ひとりだけだったら、とてつもなく不安だったはず。
チケット売り場のおばちゃんがいてくれて良かった~。

P1240044-3.jpg
それに、駅のホームには野良犬くんたちがウロウロ・・・。
旅の下調べをしているとき、「ブカレストには野良犬がたくさんいる。狂犬病の
危険性から絶対に近寄らないように。」というのを何度も目にしていたんです。
まさか、こんな早い段階から野良犬くんたちに出会おうとは~。
ホームで電車を待っている間、野良犬たちがまとわりついてくるので、
待ち時間は5・6分だったけれど、とっても長く感じました。
おばちゃんに、「逃げると余計に寄ってくるから無視しなさい。」みたいなことを
言われたのだけど、噛まれるんじゃないかと思うとね、無視も難しい・・・。

定刻より4分早い7:15に電車が到着。
もうね、すぐに乗り込みましたよ、野良犬から逃げたくて!!
電車に乗ってから、「どうして定刻よりも早かったのだろう」って思っていたら、
隣の駅まで行って、私が乗った駅に戻ってきたのでした。
どうも隣の駅が終点で、そこから折り返しの運転だったみたい・・・(^^;
で、私がいた駅の出発は、定刻どおりの7:19でした。
電車は、ブカレスト北駅までノンストップ。
ブカレスト北駅に到着したのは、定刻どおりの7:52でした。

P1240048-3.jpg
ブカレスト北駅で電車を乗り換えて、シナイアまで移動。
2等 R(Rapid) 38.7レイ(≒1,104円)
ブカレスト北駅8:45発→シナイア駅10:30着。

P1240049-1.jpg
シナイア駅では、こ~んなところで電車を降りました(^^;
ホームはなく、線路脇の砂利道・・・。
電車のドアから地面までの高さがありすぎで、なかなか大変でした。
砂利道では、スーツケースも転がってくれないですしね・・・。
ま、旅行中はそういうことも楽しいですけど(笑)

以下、追記。

P1240049-3.jpg
サバーチカさん、車両番号ってこれのことですか~?

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

2. ロンドンからブカレストへ [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

定刻より15分遅れの10:55、ロンドン・ヒースロー空港に到着。
ルーマニア・ブカレスト行きの飛行機までの乗り継ぎ時間は7時間以上
あったので、地下鉄でロンドン市内まで出ました^^

BAのビジネスクラス利用者は、イミグレでファストレーンを利用できるので、
長蛇の列に並ばずに済み、あっという間にイギリス入国~♪
ロンドン市内へ向かいます^^

地下鉄の1dayトラベルカード(1~6、オフピーク)8£を購入。
11:30には地下鉄に乗れたのに、乗ってまもなくのボストンマナー駅で
強制的に全員降ろされてしまいました。
当然、英語での案内しかないので、理由はよく分からなかったけれど、
これより先は地下鉄は動かないのでバスに乗り換えろと・・・。
仕方がないので流れに沿って駅を出て、振り替え輸送のバスに乗車。
ブロードウェイ(だったかな?)でバスを降ろされ、再び地下鉄へ。
なかなか出来ない体験は面白かったけれど、疲れました(^^;

P1240015-3.jpg
ロンドン市内をあちこち歩き回って、最後にこちらでお買物^^
イタリア・フィレンツェが本店の「サンタ・マリア・ノベッラ」。
ましゃが愛用しているという「アーモンドソープ」をお買い上げ。
日本で買うよりも600円くらい安かったです♪

その後、再び、ロンドン・ヒースロー空港へ。
空港まで行くピカデリーラインは、やはり途中までしか運行していなく、地下鉄で
ハマースミス駅まで行って、その先は振り替え輸送のバスを利用しました。
こんなことがなければ、もうちょっと長くロンドンで遊べたのに・・・。

P1240020-3.jpg
チェックインした後は、ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジへ。

P1240023-3.jpg
歩きまわってお腹が空いていたので、ガッツリいただきました(^^;

P1240024-3.jpg
ルーマニア・ブカレスト行きは、Delayとのこと。
それでなくても到着は23:20だというのに、どうなることやら・・・。

P1240030-3.jpg
ロンドン・ヒースロー18:05発→ルーマニア・ブカレスト23:20着
BA884便 ビジネスクラス機内食
実際は40分Delayの18:45発でした。
時差が2時間あるので、フライトは3時間15分です。

P1240033-3.jpg
メインのこのお料理、どこかで見たような記憶が・・・。
こちらのほうが丁寧に盛り付けてあって、美味しそうに見えますね(笑)

定刻より35分遅れの23:55、ルーマニア・ブカレストに到着。
荷物がなかなか出てこず、空港の外に出られたのは24:30少し前でした。
この日は、遅い到着だったので、空港近くのホテルを予約。
空港までの無料送迎ありのホテルだったので、事前に、送迎について何度か
メールをしたのだけど、まったく返事をいただけなくて・・・。

で、空港の外に出た途端、タクシーの勧誘に取り囲まれる私・・・(^^;
10人以上はいたと思います、勧誘の男性たち(笑)
ホテルの送迎バスが予約できているのか不安ではあったのだけど、
タクシーに乗る前に、とりあえず確認はしないとね・・・。
で、タクシー勧誘の男性たちに、「リンホテルのシャトルバスってどこ?」って
聞いてみたら、皆さん、丁寧に教えてくださいました(笑)

送迎シャトルバス、返事はなくても、ちゃんと予約できていました^^
飛行機が遅れていたので、運転手さん、バスの中で寝ていたようですが、
ちゃんと私の名前が書かれたリストを持っていました。

P1240037-3.jpg
この日の宿は、空港からの送迎シャトルバスで3分ほどのところにある
「リン エアポート ホテル(Rin Airport Hotel)」。
3星と4星の2つの建物があるのですが、お安い3星のほう・・・(^^;

P1240034-3.jpg
ホテルに到着したのは24:35だったけれど、フロントの女性がテキパキ
手続きをしてくれたおかげで、あっという間に部屋に入ることが出来ました。
翌日のシャトルバスの時間についても、にこやかに丁寧に教えてくれて、
とっても好印象でした^^
スタンダードルーム 朝食なし 1泊 4,511円(エクスペディアで予約)

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

1. 羽田空港から出発 [2011 ルーマニア]

2011年7月16日(土)~7月25日(月) ルーマニア旅行記

夏休み、ルーマニアへ行ってきました♪
JALマイレージ85,000マイルを使用し、ブリティッシュ・エアウェイズの
ビジネスクラス特典航空券を予約しました(^0^)

朝6:25発の飛行機だったので、7月15日(金)の夜は、
羽田空港近くのホテルに前泊しました。
家を出る少し前に、栃木県南部で震度5弱の地震が発生。
東京でも大きく揺れたのですが、電車の遅れはわずかで助かりました。

P1230987-3.jpg
京急「大鳥居」駅から徒歩3分のところにある「羽田イン」ホテル。
禁煙 シングル 朝食付き 4,500円
ホテルから羽田空港までの送迎は、無料でしていただけます^^

P1230989-3.jpg
朝5時ぴったりに羽田空港・国際線ターミナルに到着。
ブリティッシュ・エアウェイズだけれど、JALのラウンジ~♪
ホテルで、おにぎりとお味噌汁の朝食をいただいたけれど、
ラウンジでもいただいちゃいます・・・(^^;

P1230991-3.jpg
早朝のラウンジには、こんなものしかありませんでした。
成田空港のJALラウンジでいただく「ごはん」と「明太子」がお気に入りで
期待していたのに・・・。
ラウンジを出ようとした朝6時ちょっと前に、「ごはん」「明太子」「玉子焼き」
「お味噌汁」などが並べられましたが、私には時間不足。

P1230995-3.jpg
羽田空港6:25発→ロンドン・ヒースロー空港10:40着
BA008便 ビジネスクラス 最初の機内食
まずは、フルーツとブルーベリーのスムージー。

P1230997-3.jpg
渡されたメニューのなかから「シナモンアップルトースト」を選んだのに、
CA曰く、「異なるメニュー表を渡してしまった。」とのことで、
「それはない。」と言われ、強制的にこちらのお料理になりました(^^;
まぁ、美味しかったからいいですけど・・・(笑)

P1240004-3.jpg
2回目の機内食
こちらもメニュー表とは異なる内容・・・(^^;

P1240007-3.jpg
ビジネスクラスの食事にしては雑な盛り付けですよね・・・(笑)
見た目は超こってりだけど、なかなか美味しかったです^^

P1240010-3.jpg
デザートは、濃厚チョコレートのケーキ~♪
ナフキンが汚れてたり、パンの粉が落ちてたり・・・スミマセン(^^;

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行
2011 ルーマニア ブログトップ

AdMax