So-net無料ブログ作成
2012 高知 ブログトップ

17. 高知城 その2 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

高知城の続き^^

P1310978-1.jpg
天守閣、てっぺんまで上りますよ~♪

P1310982-1.jpg
ここから入ります。
入館料400円ですが、龍馬パスポートで割引になり、320円でした^^

P1310987-1.jpg
お城は、すみずみまで見たくなります~♪

P1310991-1.jpg
高知城の模型。

P1310994-1.jpg
上からの眺めは、こんな感じ~♪ 右下部分の屋根に、鯱がいます^^

P1310995-1.jpg
遠くの山の緑がいい感じですね^^

P1310996-1.jpg
本丸に来るときに通ったところが見渡せました^^

P1320002-1.jpg
こちらの屋根にも、鯱がいます^^

P1320006-1.jpg
ちょっぴり雨模様だったけれど、天守閣からの景色、しっかり楽しめました♪

P1320011-1.jpg
高知城を後にし、ホテルに戻る前に、この碑を見に行きました。
板垣退助誕生の地。
土佐の方だったんですね、だから高知城に銅像があったのか・・・(^^;

P1320014-1.jpg
そして、後藤象二郎誕生の地。
龍馬伝で後藤象二郎を演じた青木崇高さん、なかなか好きでした^^

P1320017-1.jpg
ホテルに預けていた荷物を受け取って、バスで高知空港へ。
高知空港にもいました、龍馬さん~♪
そりゃそうですよね、空港名は、「高知龍馬空港」なのですから~。

高知空港19:15発→羽田空港20:25着
JAL1492便で、無事、東京に帰って来ました^^

=== 高知旅行記 完 ===

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

16. 高知城 その1 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

龍馬の生まれたまち記念館の次は、高知城へ行きました^^

P1310945-1.jpg
高知城に向かう途中にあった「武市瑞山(半平太)殉節の地」。
この付近には、武士の牢屋である揚屋(あがりや)があったとのこと。
碑を見ていると、龍馬伝の大森南朋さん切腹のシーンを思い出します。

P1310948-1.jpg
高知城・追手門のすぐ近くにあった「山内容堂公誕生の地」。
母親が大工の娘だったので、容堂は本宅では生まれず、別宅のあった
この場所で生まれたとのこと。

P1310953-1.jpg
追手門の少し手前にある土佐藩の初代藩主「山内一豊公の銅像」。

P1310955-1.jpg
追手門とお堀。

P1310958-1.jpg
日本全国のお城で、追手門と天守閣を1枚の写真に収めることが出来るのは、
高知城だけなのだそうです^^

P1310962-1.jpg
石垣の上に渡櫓を載せた櫓門である「追手門」。

P1310964-1.jpg
板垣退助の像。

P1310970-1.jpg
土佐藩初代藩主・山内一豊の妻像。

P1310971-1.jpg
天守閣へ行くには、この階段をあがらなければなりません・・・(^^;

P1310973-1.jpg
石垣が立派ですね~♪

P1310976-1.jpg
二の丸から、この廊下門をくぐって、本丸へ向かいました^^

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

15. ホテル南水、龍馬の生まれたまち記念館 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

山内神社でお参りした後は、「龍馬の生まれたまち記念館」へ行きました^^

P1310918-1.jpg
歩いている途中で見つけた「秋葉神社」。
今はこの程度しか残っていませんが、龍馬さんが子どものころに
境内で遊んだと言われている神社なのだそうです。

P1310922-1.jpg
こちらも歩いている途中に見つけた「ホテル南水」。
龍馬さんの生家(屋敷)跡の一角に建っているホテル。

P1310923-1.jpg
ロビーには、龍馬さんに関する資料などが展示されています。
龍馬がグラバーと弥太郎を引き合わせていなかったら、
キリンラガービールは存在しなかったかも・・・?

P1310925-1.jpg
脱藩直前の龍馬さん。
私たちがよく知っている龍馬さんのお顔とは少し異なるような・・・(^^;

P1310932-1.jpg
高知市立「龍馬の生まれたまち記念館」に到着~♪

P1310927-1.jpg
建物の外観は、こんな感じ^^

P1310935-1.jpg
入館料300円ですが、龍馬パスポートで割引になり、240円でした♪

P1310938-1.jpg
館内では、龍馬を育てた人と町についての紹介などがありました。
坂本家をイメージしたお部屋もありましたよ^^

P1310939-1.jpg
高知県知事が、こんな感じにスクーターに乗っている写真、
どこかで見たような・・・(^^;

P1310940-1.jpg
幕末期の「上町」のミニチュア模型。
「坂本龍馬旧居地」と書かれた場所の敷地、広いですね~♪
南側の水路は、

P1310920-1.jpg
現在も、このような形で残っています^^

P1310942-1.jpg
中庭にある「龍馬坐像」。
暗殺直前の慶応3年(1867年)の秋に撮影されたと言われる
龍馬さん最後の写真を等身大で再現しているとのこと^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

14. 山内神社 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

旧山内家下屋敷長屋を観た後は、山内神社へ行きました^^

P1310895-1.jpg
山内神社は、土佐藩の初代藩主「山内一豊」とその妻「千代」、
そして、土佐藩の歴代藩主をお祀りしています。
こちらは、東参道。

P1310897-1.jpg
亀石。

P1310900-1.jpg
東神門。

P1310902-1.jpg
独特のお顔をしていますね^^

P1310903-1.jpg
なんだか気になるお顔、ミニチュアの置物が欲しいかも~♪

P1310907-1.jpg
社殿。

P1310909-1.jpg
「大政奉還を慶ぶ山内容堂公」の銅像。
お酒が大好きだったという容堂公、杯を持っているお姿です(^^;

P1310911-1.jpg
西神門。

P1310913-1.jpg
西参道の大鳥居。
石碑には、旧社格の「別格官幣社 山内神社」と彫られています。

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

13. 旧山内家下屋敷長屋 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

路面電車で、高知駅~はりまや橋~県庁前と移動し、
旧山内家下屋敷長屋へ。

P1310884-1.jpg
国の重要文化財に指定されている「旧山内家下屋敷長屋」は、
三翠園というホテルの敷地内にありました^^
ここは、幕末に家臣7人の屋敷地を召し上げて、藩主だった山内容堂の
下屋敷が設けられた場所で、長屋もその時に建てられたものらしいとのこと。
明治維新後、屋敷は山内家の私邸となったのだけど、戦後売却され、
その大部分が、三翠園の所有地となったのだそうです。

P1310886-1.jpg
かずとよくん(山内一豊)は、土佐藩初代藩主。

P1310887-1.jpg
旧山内家下屋敷長屋、入場無料だったので、入ってみました^^
2階には、幕政後期の土佐藩士や庶民の生活を知ることの出来る用具や
和舟などが展示されていました。

P1310890-1.jpg
慶応3年(1867年)2月17日、山内容堂・西郷隆盛 会見の地。
これがきっかけで、龍馬さんが夢に見ていた大政奉還が、山内容堂公の手に
よって成し遂げられたんでしたよね^^

P1310881-1.jpg
旧山内家下屋敷長屋の向かいにある公園。
「山内容堂公邸址」の石碑がありました。

P1310893-1.jpg
これも、当時からあるものなのかな・・・。

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

12. とさてらす、三志士像 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

「龍馬伝」幕末志士社中を楽しんだ後は、お隣にある「とさてらす」へ。

P1310859-1.jpg
可愛らしい飾り付けがいっぱいでした^^

P1310732-1.jpg
高知市は、龍馬さん。

P1310734-1.jpg
安芸市は、弥太郎さん。

P1310858-1.jpg
いろいろ眺めていたら、龍馬さんが出て来られたので、
一緒に写真を撮ってもらいました^^

P1310863-1.jpg
「とさてらす」もある「旅広場」の看板、これも、可愛らしいです♪

P1310867-1.jpg
「こうち旅広場」には、この方たちの三志士像があります^^

P1310865-1.jpg
三志士像の後ろ姿~♪

P1310869-1.jpg
正面から見ると、こんな感じ^^ 3人とも凛々しいお姿です♪

P1310875-1.jpg
その後、路面電車で、「はりまや橋」に移動。
歩けない距離ではないのだけど、雨が降っていたので・・・(^^;

P1310877-1.jpg
キティちゃんもいました^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

11. 「龍馬伝」幕末志士社中 その3 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

「龍馬伝」幕末志士社中 の続き。

P1310823-1.jpg
そして、いよいよ龍馬さんのお部屋~♪
こんな階段を上がった屋根裏みたいなところでしたよね^^

P1310837-1.jpg
ここでは、屋根裏にはあがることが出来ず、別の場所に
龍馬さんのお部屋セットが作られていました。

P1310844-1.jpg
「龍馬伝」のなかで登場した風車や黒船の模型が転がっています^^

P1310848-1.jpg
眺めていると、このお部屋でのシーンが色々と蘇ってきます~♪

P1310846-1.jpg
ここにも、ましゃの写真^^

P1310849-1.jpg
佐藤健くんの衣装、大森南朋さんの衣装。

P1310843-1.jpg
ましゃのサインはありませんでした・・・。
島崎和歌子さんは、高知の出身でしたよね^^

P1310854-1.jpg
坂本家の家紋「桔梗」。

P1310856-1.jpg
これで、「龍馬伝」の坂本家セット、再現コーナー終了です^^

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

10. 「龍馬伝」幕末志士社中 その2 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

「龍馬伝」幕末志士社中 の続き。

P1310789-1.jpg
ここから、「龍馬伝」坂本家のセットを再現したコーナーです♪

P1310787-1.jpg
奥の方から龍馬さん(ましゃ・・・笑)が走って来そうな雰囲気ですね^^

P1310785-1.jpg
手前が「式台の間」、奥が「父・八平の部屋」。

P1310794-1.jpg
柱などは、古びた感じを出すため、新しい木材をバーナーで炙り、
薬品をかけ、さらに天日干しまでしているとのこと^^

P1310797-1.jpg
離れは、労咳を患っていた「母・幸の部屋」。

P1310802-1.jpg
井戸。 土間への入り口。

P1310804-1.jpg
土間には、水路が引き込まれています^^
実際に、坂本家の屋敷の中まで水路が引き込まれていたかどうかは定かでは
ないようですが、坂本家跡地の南側には当時の水路が今も残っているので、
きっとそうであっただろうという思いから、このようなセットにしたのだとか・・・。

P1310818-1.jpg
NHKのスタジオにあった坂本家セットでの植栽は、すべて本物が使われて
いたようですが、この再現コーナーでは、長期の室内展示に耐えられるよう
幹だけが本物で、葉や花は1枚1枚手作業で造られたものなのだそう。

P1310820-1.jpg
居間から見た「母・幸の部屋」。
少年時代の龍馬(濱田龍臣くん)が、寝込んでいる母を心配そうに見ていたり、
母と一緒に縁側に座ってうれしそうにしていたりするシーンを思い出します^^

P1310826-1.jpg
居間には、志士たちが会合しているかのようにお花が並べられていました。

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

9. 「龍馬伝」幕末志士社中 その1 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

11月11日(日)
ホテルで朝食をいただき、10時少し前に、チェックアウト。
フロントに荷物を預け、観光へ出発~♪

P1310860-1.jpg
まずは、JR高知駅前にある、「龍馬伝」幕末志士社中へ。

P1310737-1.jpg
大河ドラマ「龍馬伝」ファンには必須の場所です^^

IMG_3477-3.jpg
「龍馬伝」幕末志士社中のチケット売り場で、龍馬パスポート申請ハガキから
龍馬パスポートに交換してもらい、入場チケットを購入。
通常は入場料500円ですが、100円割り引きで400円になります^^
「龍馬月間ご来場記念切手」をいただき、もうひとつプレゼント。
ストラップは、箱の中から自分で1個取るという方法で、運良く龍馬さんGET~♪

P1310742-1.jpg
ここから入場です。 とっても立派ですね^^

P1310739-1.jpg
ここでは、大河ドラマ「龍馬伝」の撮影で使われた龍馬さんの生家セットが
再現されています^^

P1310745-1.jpg
ましゃが演じた龍馬さんの衣装の袴は、藩州織(ばんしゅうおり)とのこと。

P1310768-1.jpg
龍馬さんになりきって(笑)、記念撮影できるコーナーもあります^^

P1310783-1.jpg
「龍馬伝」坂本家セットのジオラマ。

P1310770-1.jpg
ましゃの意見も取り入れて作られたという龍馬さんのブーツ(ドラマ仕様)。

P1310776-1.jpg
高杉晋作から上海土産にいただいたという龍馬さんのピストル(模型)。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

8. ひろめ市場、オリエントホテル高知 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

閉館時間ギリギリまで、坂本龍馬記念館を見学し、
17:20発のバスで、桂浜から高知市内に戻りました^^

P1310715-1.jpg
ホテルに帰る前に、「ひろめ市場」に寄ってみました^^

P1310714-1.jpg
「ひろめ市場」近くの商店街、「11月15日 龍馬誕生」の旗だらけです~♪

P1310716-1.jpg
様々な「龍馬語録」が書かれた旗も、吊り下げられていました^^

P1310718-1.jpg
「ひろめ市場」から、この日の宿「オリエントホテル高知」に向かう途中、
ライトアップされている「高知城」が見えました^^

P1310719-1.jpg
オリエントホテル高知。 シングルのお部屋です^^

P1310724-1.jpg
「ひろめ市場」で購入したもので、夕食♪
あぶりサーモンにぎり 380円
からあげ 60円×2個
美味しかったのだけど、油っぽさが私には合わなかったのかな、
それとも疲れていたからかな、この後、胃の調子が悪くなったのでした・・・。

P1310731-1.jpg
翌朝いただいたホテルでの朝食^^
一晩眠ったら、胃の調子は復活したように感じたので、朝食をガッツリ~♪
美味しくても欲張るとダメですね(^^;
食べ終わったころ、また胃の調子が悪くなり・・・。
2日目は、このまま何も食べられず、昼食抜き&夕食抜きでした(苦笑)

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

7. 坂本龍馬像と坂本龍馬記念館 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

桂浜で、まず見るべきものは、やはり龍馬さんの銅像ですよね^^

P1310659-1.jpg
銅像の横には、10月20日~11月25日までの期間限定で、
龍馬さんと同じ高さまで上がれる展望台が設置されていました。

P1310663-1.jpg
普段は、下から見上げることしかできない銅像の龍馬さん、
この期間だけ、特別に、真横から眺めることが出来ます^^

P1310668-1.jpg
海の向こうの国々に思いを馳せているように見えますね^^

P1310683-1.jpg
次に訪れたのは、「高知県立坂本龍馬記念館」。
開館時間は17時までなのに、到着したのは16時ちょっと前・・・。
時間があまりなく、じっくり見られなかったのが、少し残念でした。
入館料500円ですが、「龍馬パスポート」で割引になり、400円でした^^

P1310684-1.jpg
ここには、小さな銅像があります。

P1310687-1.jpg
龍馬たち「亀山社中」が薩摩藩から借りた「ワイルウエフ号」の梶棒(複製)。

P1310689-1.jpg
高知青年会議所のメンバーが、自らの顔写真(2cm×2cm)約4万枚を
貼り合わせて製作したという龍馬さんのモザイクアート。

P1310694-1.jpg
坂本龍馬記念館内は、撮影禁止だったので、写真はありません。
これは、記念館の屋上からの写真^^

P1310702-1.jpg
シェイクハンド龍馬。
龍馬さんと握手しながら記念撮影することができます♪

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

6. 善楽寺~桂浜へ [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

土佐神社のお隣に、お寺があったので行ってみました^^

P1310651-1.jpg
四国第30番霊場。 四国霊場88ヶ所30番札所とのこと。

P1310650-1.jpg
立派な観音様があります^^

P1310646-1.jpg
お寺の名前は、「善楽寺」さん。

P1310648-1.jpg
境内のいちばん奥にある本堂。 お参りし、御朱印をいただきました^^

土佐神社と善楽寺でお参りした後は、バスに乗り、高知駅へ。
そして、バスを乗り換えて、桂浜へ向かいました。

P1310652-1.jpg
バスで40分くらい掛かって、桂浜に到着~♪

P1310654-1.jpg
そうそう、これ!! 太平洋に面したこの景色が見たかったんです^^
17年ぶりに眺めることが出来ました~♪

P1310675-1.jpg
砂浜に降りて、龍馬さん(正確に言うと、龍馬伝のましゃ・・・笑)のことを
想いながら、しばらくの時間を過ごしました^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

5. 土佐神社 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

路線バスに乗り、「一宮神社前」で下車。
25分くらい掛かって、運賃は400円。

P1310609-1.jpg
土佐一ノ宮 土佐神社。

P1310612-1.jpg
楼門。 参道の入り口。

P1310615-1.jpg
土佐神社は、大河ドラマ「龍馬伝」のロケ地でもあります^^

P1310439-1.jpg
走り去る岩崎弥太郎(香川さん)と、それを見送る龍馬(ましゃ)。
土佐一ノ宮と書かれた鳥居がアップになりました。

P1310440-1.jpg
石垣と階段、オレンジ色の鼓楼、

P1310621-1.jpg
ちょうどこのあたりですね^^

P1310623-1.jpg
社殿は、楼門、鼓楼とともに、国の重要文化財に指定されているとのこと。

P1310628-1.jpg
拝殿の前には、「NHK大河ドラマ『龍馬伝』ロケ地」の看板が・・・。
「平成21年12月19日撮影」とまで書かれてあります(^^;

P1310434-1.jpg
弥太郎が念入りにお参りしているシーン、まさにここです^^

P1310631-1.jpg
大杉(ご神木)。
あまりにも背が高く、撮影が難しそうだったので、下の方だけ・・・(^^;

P1310634-1.jpg
輪抜祓所。
ご神木の杉の木の輪があり、この輪を抜けることで心身が祓い清められ、
大木の長寿やたくましさを授かることが出来るとのこと。

P1310636-1.jpg
厳島神社。

P1310351-1.jpg
ここでも撮影が行なわれています。

P1310638-1.jpg
この橋を渡ったところに、龍馬さん(ましゃ)が立っていたんですね^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

4. 坂本龍馬誕生地 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

「龍馬の生まれたまち上町」でのいちばんの見どころは、
「坂本龍馬誕生地」でしょうか。

P1310590-1.jpg
こんな大きな案内板があります^^

P1310593-1.jpg
「坂本龍馬誕生地」、
病院とビルの間に、こんな碑が建っているだけですが・・・(^^;

P1310596-1.jpg
誕生地の碑は、昭和27年、当時の首相吉田茂氏がしたためたものを、

P1310598-1.jpg
昭和43年、明治百年記念行事の一環として、高い台座を含めて
整備したものだとか。

P1310600-1.jpg
碑の前には、こんなモニュメントがあります^^

P1310604-1.jpg
龍馬さんは、1835年(天保6年)11月15日生まれ。
亡くなったのは、 1867年(慶応3年)11月15日。
誕生日であり命日でもある11月15日には、
毎年この碑の前で、「龍馬誕生祭」が行われているようです。

この後、オリエントホテル高知に戻り、レンタサイクルを返却。
土佐神社に向かうため、バス停まで歩いて行きました。

P1310606-1.jpg
街中には、こんな可愛らしいものがありました^^

P1310605-1.jpg
あちこち龍馬さんだらけです♪

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

3. 龍馬の生まれたまち上町 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

和霊神社から街中に戻り、
そのまま自転車で、龍馬の生まれたまち上町の観光をしました^^

P1310559-1.jpg
坂本龍馬の本家「才谷屋」跡。
実際に「才谷屋」があった場所を明確に出来てはいないようだけど、
この喫茶店付近にあったとされているようです。

P1310567-1.jpg
近藤長次郎邸跡。
饅頭屋長次郎さん、龍馬伝では、大泉洋さんが演じてました^^

P1310572-1.jpg
水天宮、河田小龍塾跡。
坂本龍馬が世界に目を開くことを学んだ塾。
龍馬伝では、河田小龍先生に学びに行くという岩崎弥太郎に、龍馬が
勝手にくっついて行っていたような記憶があるのですが・・・。

P1310577-1.jpg
鏡川沿いの築屋敷跡。

P1310578-1.jpg
竹薮だった場所に、住民たちが自分らで堤防を構築したとのこと。
屋敷は、石垣を築き上げた高い所に建っています。

P1310579-1.jpg
この鏡川沿いに、龍馬が14歳から19歳まで修業し、
剣法や槍、水泳などの武芸を身につけた日根野道場があったとのこと。

P1310585-1.jpg
龍馬郵便局。

P1310582-1.jpg
郵便ポストの上にも龍馬さん^^

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2. 和霊神社 [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

和霊神社の続き

P1310557-1.jpg
鳥居と社殿が見えてきました^^

P1310533-1.jpg
斜面ギリギリのところに建っていますね・・・。

P1310537-1.jpg
狛犬の前にある大きな木は、龍馬さんの時代からあるのかな。
けっこうビミョーな位置ですよね・・・(^^;

P1310535-1.jpg
鳥居の手前にある石、「坂本龍馬先生脱藩祭記念」。

P1310550-1.jpg
こじんまりしているけれど、独特の雰囲気を持つ社殿。
龍馬さんの時代からそのままの姿のよう^^
しばらく眺めながら、龍馬さんのことを色々と想って過ごしました。

P1310548-1.jpg
ましゃのこと、自分のこと、お参りさせていただきました^^

P1310545-1.jpg
龍馬語録。

P1310542-1.jpg
この5日後、11月15日が龍馬さんのお誕生日です♪

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

1. 高知到着~和霊神社へ [2012 高知]

2012年11月10日(土)~11月11日(日) 高知旅行記

10月下旬になって、今年はまだお金を出してJALに乗っていないなぁ、
このままでは、初回搭乗ボーナスマイルを貰いそびれてしまう!!
と思い、急遽計画した旅・・・。
JALマイルが貯められて、お値段のさほど高くないところ。
高知には行ったことがあるけれど、大河ドラマ「龍馬伝」の放送後には
一度も行けていなかったので、高知に行くことにしたのでした^^
名鉄観光さんで、お安い旅を予約して、出発~♪

羽田空港7:30発→高知空港9:00着 JAL1483便

高知空港から市内への移動は、バスを利用しました。
片道だと700円だけど、往復(2枚綴り)チケットは1,300円。

P1310503-1.jpg
はりまや橋近くのバスターミナルで降りたら、すぐそばに
河田小龍生誕の地の碑がありました。
「あ、リリーさんだぁ。」と思ってしまう私・・・(^^;

P1310508-1.jpg
まずは、この日の宿「オリエントホテル高知」に行き、荷物を預け、
さらにホテルで自転車を借りて、さっそく観光へ出発~♪
目指すのは、坂本龍馬脱藩のスタート地点である「和霊神社」。
ホテルから和霊神社まで、地図上では3キロ以上ありそうだったし、
近くまで行く路線バスもなさそうだったので、自転車で・・・(^^;

P1310512-1.jpg
けっこう走って、「こっちで合っているのかなぁ・・・」と心配になったころ、
こんな案内板があって、ひと安心^^

P1310515-1.jpg
和霊神社の近くまで行くと、駐車場があったので、
そこに自転車を停めて、その先は歩いて向かいました。
ここにもちゃんと案内板がありました^^

P1310522-1.jpg
この鳥居を見つけたときは、なんだかちょっと感動~♪
オリエントホテル高知から和霊神社まで、20分くらいで辿り着けました。

P1310525-1.jpg
鳥居をくぐって振り返ると、こんな景色^^

P1310523-1.jpg
坂本龍馬飛騰の地。
1862年3月24日、脱藩を決意した28歳の龍馬は、「吉野に花見に行く」と言い
残し、坂本家の守護神である和霊神社へ詣で、水杯をして旅立ったとのこと。

P1310527-1.jpg
龍馬脱藩150年記念植樹。 ってことは、つい最近、植えられたものですね^^
毎年3月下旬には、ここで脱藩祭が行なわれているとのこと。
そのときに植えられたのでしょうか、立派に育って欲しいですね。

P1310529-1.jpg
社殿までは、こんな石段をのぼっていきます。
石段を上がりながら、「脱藩のとき、ましゃはどんな気持ちだったんだろ。」と思い、
ウルウルしてしまうアホな私・・・(^^;
脱藩したのは、「ましゃ」じゃなく、「坂本龍馬さん」ですから!!

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行
2012 高知 ブログトップ

AdMax